蝶





Home

Information

Gallery

Profile

E-Mail

らくがきのーと

ねこのぺーじ

道具について20100516-0610
Profileへもどる

道具について@/ペン+墨汁
点描&線描については、丸ペンを使っています。
細い線を描くために、ペン先を研磨したり、火で炙ったりする方も
いらっしゃいますが、全く手を加えず描いています。
それから、インクではなく墨汁を使っています。
ペン先の方は手を加えていませんが、墨汁は濃淡を調整して
線描向きと点描向きの濃さに変えています。
点描の細かさや線の太さ、また気候によっても墨汁だと濃淡の調節が
可能なので、その都度調整しています。

道具についてA/紙
紙は主に上質紙を使っています。
少し黄みがかっているので長い時間見ていても目が疲れないですし、
柔らかいのに強いというのも使っている理由です。
かなり、下描きも描き込んでいるので毛羽立ってしまう紙だと
ペンを入れたとき滲んでしまいます。
状況により、ケント紙も使うのですが、白く光ってしまうのと、
毛羽立ってしまうことがあるので下描きを少しだけ軽めにします。

道具についてB/鉛筆+消しゴム
下描きは鉛筆、芯の硬さはBで描いています。
シャーペンだと芯が細くて紙を傷つけてしまう場合があるので、
鉛筆を使っています。0.8mmのシャーペンの芯でも深く跡がつく
ことがあるので鉛筆で細かいところまで下描きをしています。
すぐに先が丸くなってしまうので、10本くらいは削った状態で
置いておきます。
消しゴムも紙を傷つけない柔らかいものを使っています。
下描きは細かく描き込むので、紙を傷つける心配をしなくて
いいものを選んでいます。

龍